魚箱ラベルはアートであり、市場は美術館である。

その印刷、いい仕事してますね

おはようございます!

今日もおととごと。の「魚箱ラベル市場探訪」略して「ラベたん」のお時間がやってまいりました!

今日は木津市場の朝市があるので、行ってきます!競り体験や先着プレゼントなどもあるみたいなので楽しみです( *´︶`*)

木津市場の朝市についてはこちらからどうぞ→木津の朝市

ラベルの写真もいっぱい撮れるといいな♪

さて、今日のラベルはマニア心をくすぐるデザインとなっています!さっそくいってみよー!

スポンサーリンク

タイセー「TAISEI」

色数:3色(紺・青・赤)

用途:鮮魚箱

このデザインの素晴らしいところは、明記する内容が屋号と会社名とmarine productsだけなのに、スカスカ感を与えることなくシンプルで高級感すら感じるところです。

コストの事を考えると、間にある舵のイラスト部分を省いて横幅を縮めたくなるところですが、そこをあえてスペースをとってデザインしていて、高級感をプラスしています。

こういったデザインを見ると、余白の大切さを感じますね。

印刷方法を考察してたら箱の前に座り込んでいた

このラベルの印刷、本当に綺麗です。

特にこの抜き文字がとてもキレイ!!!

通常、2色印刷の場合、青の上から紺を重ねるときに位置がズレると汚くなります。

印刷ズレで微妙に紺色や水色のフチができてしまったり、ズレ防止のために目立たない色(この場合青色)を少しフチつけたり処理をするのですが、

↑拡大して見てね。
上段はなんとなくぼやけて見える。

この印刷はどれだけ拡大して見ても印刷のズレやフチの処理がないんです!

つまりジャストフィット!

紺色一色のグラデーションなんじゃないか?と思われるかもしれませんが、紺色一色のグラデーションは薄くなるにつれて紫色になるので、この色は青と紺の2色でないと出せません。

『ほんまにめっちゃキレイな印刷・・・どうなってんねやろか・・・』と箱の前に座り込んで唸ってしまいました。
本音を言うと、ラベルを箱から剥がして、表から裏から舐める様に見てみたい!
マイクロスコープ使って調べたい!と思いました(笑)

これは、市場に通いつめておっちゃんと仲良くなって、箱をもらえるくらいにならないとですね・・・!

タイトルとURLをコピーしました