魚箱ラベルはアートであり、市場は美術館である。

「等級表」という名のラベル

こんにちは!

今日も「おととごと。の魚箱ラベル市場探訪」略して「ラベたん」のお時間がやってまいりました!

普段生活している中で、「これデザインに使えそう!」と思うものはできるだけ写真に撮って残すようにしています。

お酒のラベルや居酒屋の看板、ヒントは街中に転がっています。

昨日は、100円ショップで見つけました!

このデザインなら(写真を除いて)黒・紺・金・赤の4色でいけるな・・・

と考えてしまうのはもはや職業病ですね。

さて、今日のラベルは魚箱ではなく、農産箱(しいたけ)です。

ラベルは商品PRだけのものじゃないんですよ〜

それではいってみよー!

スポンサーリンク

サンマッシュ櫛渕協同組合 しいたけラベル

私が勤めていた会社は発泡スチロールを販売している会社だったので、魚箱ラベルの他に農産ラベルも手がけていました。

農産ラベルは主に等級表ラベルが多く、この「サンマッシュ櫛渕協同組合」もその一つです。

パッと見て何を書いてるか全然わかりませんよね。解説していきましょう。

等級表を見れば中身が歴然!

ざっくり解説すると画像のようになります。

ンマッシュ櫛渕協同組合のホームページがありましたので、そちらから画像をお借りして説明をば・・・(ホームページめっちゃおしゃれ)

まず1段目の「秀中」「ム中」「秀小」について、これは画像の通り椎茸の状態と大きさを表したものです。

2段目の「2L L M S」はそれぞれのカテゴリのさらに詳細なサイズ表記になります。

3段目の左端の空欄は「ム2L」「ムL」が入る時に手書きで「ム」と明記すると予測されます。

そして残りは数量、グラム数となっています。

この等級表があるおかげで、中にどんな商品が入っているか一目でわかるようになっているんですね。

等級表は油性ペンで書き込める仕様になっている

魚箱ラベルやその他の商品ラベルと等級表の違いは、「油性ペンで書き込めるかどうか」です。

通常の商品ラベル(書き込む必要がないラベル)は、クラフトテープのように、表面がツルツルの加工(シリコン加工)をしています。これは、ロール状になったラベル同士をはがしやすくするための加工です。

このシリコン加工は、油性ペンをはじく性質を持っています。クラフトテープに油性ペンで文字を書いてもはじかれた経験ってないですか?それと同じ感じです。

こういった等級表は、油性ペンで◯をつける必要があるため、シリコン加工ができません。

なので、ラベルの表面にはシリコン加工を施しません。もし、シリコン加工を施さないままフィルムの裏面を糊付け加工してロール状にしてしまったら・・・ラベルの表面に糊が残ってしまい使い物にならなくなってしまいます。

そこで現れる救世主が「リケイ紙」なのです。

機械で貼り付けるときは、ラベル機に「リケイ紙巻き取り機」が装備されているため、貼り付けとリケイ紙巻き取りが同時にできるのです。すごいシステムですね。

もちろん、シリコン塗布(ツルツル加工)していないため、魚箱ラベルに比べて表面がザラザラしています。

もし機会があれば(あるのかな?)触って比べてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました