魚箱ラベルはアートであり、市場は美術館である。

シンプルだからこそのインパクトと技術

こんにちは!

今日も「おととごと。の魚箱ラベル市場探訪」略して「ラベたん」のお時間がやってまいりました!

ブログ開設から早くも2週間が経っていてびっくりしています・・・!

正直、ブログを毎日アップするなんて自分には絶対できないことだと思っていたのですが、私の人生の45%を捧げてきた(もうすぐ人生の半分っていうのが恐ろしい)魚箱ラベルについては記事を書けるんだなっていうのも大きな発見でした。

まだ2週間ですが、コツコツ頑張っていつかは「マツコの知らない世界」に「魚箱ラベルの世界」で出たい!夢は大きく!だからいつまでも番組が続いていますように←

さて、今日のラベルは「あえての選択もあり」という内容です。

それではいってみよー!

スポンサーリンク

マルカイチ水産(株)「活ずわいがに」

色数:1色(朱赤)

用途:ずわいがに

屋号が「◯」と「カ」と「一」で「マルカイチ」とは秀逸。

1色印刷のインパクト

これまで紹介してきたラベルは大体、2〜3色など多色刷りが多かったのですが、今回はシンプルに1色印刷です。

魚箱ラベルでもデザイン競争が激しい中、実は市場で並んだ時に1色のシンプルなデザインが目立ったりします。

魚箱は、市場で取引されるときは単体ではなく何個か箱が積み上がった状態で置かれます。

画像はお借りしました

なので、魚箱ラベルデザインをするときは、箱が積み上がった状態の時にどれだけインパクトを与えられるか、ということも頭に入れて構成します。

そんな中で、あえて「シンプル」「1色」であることは一つの戦略であったりもします。

この「マルカイチ活けずわいがに」のラベルが積み上がった状態を想像すると・・・ものすごく目を引くと思いませんか??

シンプルだからこそ印刷は技術を求められる

1色のシンプルなデザインだと、印刷も簡単だと思われるかもしれませんが、実はシンプルであればあるほど、印刷技術が求められるのが魚箱ラベルです。

魚箱ラベルの印刷インクは、毎回職人さんの手によって調合されています。

リピート注文があった際も、前回ロットと色味を合わせて調合していきます。もしこの調合が適当だったら・・・

先ほど書いたように、魚箱ラベルは積み上げられた状態で置かれます。

例えば、ラベルの発注ロット1回目のラベルと2回目のラベルでインクの濃度や色味が少し違ってしまったら・・・積み上げた時に色味の違いが目立ってしまいます。

毎回同じ色のラベルを作り出すのは、職人技あってのことなんですね。

私はこの職人技を垣間見るのが本当に好きです。

本音を言うと競りで積み上がっている状態の市場を見たい!
でも、競りは一般人は入れないし、入れても確実に邪魔になる上にきっとターレットトラックにひかれるに違いない。

ターレットトラック意外と早く走る

今回のラベルはマルカイチ水産株式会社より

カニの販売もありましたよ〜v(^^)v

カニ食べたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました